相続に必要な知識

お金を貯める

 相続により親から不動産を譲り受ける人も少なくありません。自宅はもちろん、マンションや一軒家、更地まで様々です。実際に自分たちが住んでいたり、賃貸用マンションなどとして活用できれば良いのですが、そうとばかりもいきません。田舎などの更地ですと、アパートを建てても入居者が見込まれないなど、活用しようにも困ってしまいますし、持っているだけで毎年固定資産税・都市計画税がかかってしまいます。入居者が少ないマンションやアパートなども同様です。そのため、そのような不動産は思い切って売却してしまうのも手です。  売却すると譲渡税はかかりますが、相続税を払っていれば不動産の取得価額に一定の金額を加算することができます。

 不動産の売却と言いましても色々手続きが必要です。ましてやそれが相続により取得した物であれば尚更です。まず遺産分割により、誰が相続するかをキチンと決めなければいけません。スムーズに決まれば良いのですが、遺産相続はトラブルもつきものです。  そして相続人が決定すると、次は相続登記です。登記はいつまでという期限はありませんが、だからといって放置しておくと、担保にしてお金を借りることも出来ず、何かあっても権利を主張することも出来ず、売却することも出来ないと百害あって一利なしです。あとでやればいいと思っていると忘れてしまいますので、できるだけ早く登記を済ませておくべきです。  ここまでやってようやく売却の手続きに入れますが、ここまでくるにも、このように複雑な手続きが必要です。わからなければ、弁護士・司法書士・税理士の専門知識を借りるようにすると良いでしょう。これらの士業は連携していることも多いですから、いずれかに相談すればすべて解決できることもあります。