エネルギー消費がない

プランを立てる

日本における住宅の省エネルギー性能は、欧米諸国と比べて品質面で劣っているという状況があり、原発の稼働やエネルギー需給の関係もあり住宅にはゼロエネ住宅が求められるようになりました。 ゼロエネ住宅とは、ネット・ゼロ・エネルギー住宅の略称であり、意味合いとしては、住宅の断熱性を高めて冷暖房で利用するエネルギーを極力減少させた上で、エネルギーを創り出す設備の力を合わせ、実質的な消費エネルギーがゼロとなる住宅のことを言います。 ゼロエネ住宅に必要な条件としては、高い断熱性と、エネルギー消費量と創出量が分かる計測器、太陽光発電設備、自然通風が得られやすい設備が必須となり、ゼロエネ住宅の条件を満たすと一定額の補助金を受け取れる制度も創設されています。

最近話題のエコ住宅の筆頭がゼロエネ住宅です。これは省エネ素材などを利用し、太陽光発電システムなどによってエネルギーを作り出すことのできる住宅のことで、様々な補助金の対象となっていることがあります。様々なメリットがありますが、以下のように注意すべき点もあります。 まず挙げられるのが補助金の申請です。多くの補助金制度では、受け取るために申請を出す必要があり、これを忘れると補助金を受け取ることができません。場合によっては業者が代行してくれることもありますが、申請は誰が出すのか、いつ頃出すのかを予め業者や市役所などに確認をとっておく必要があります。 次に挙げられるのがランニングコストで、ゼロエネ住宅では様々なテクノロジーが利用されている分、定期的なメンテナンスが必須となります。そのコストが生活を圧迫するようではゼロエネ住宅を選ぶことは難しいです。そのためランニングコストがどの程度かも試算しておかねばなりません。 上記の点に注意し、住み良いゼロエネ住宅を手に入れることが重要です。